GUNSHYWEB.com
うう、テディー!
2008年06月29日 (日) 02:39 | SHIGE
この話をすると


今でも喧嘩になりますが


テディーの名付け親は私なんです。。


子供の頃、こいつテディーベアに似てるからテディーにしよう!


と少年シゲは言ったのでした。


テディー元気でなー!!


3日デセオはピアノ、ベース、歌の編成ですが、

血管はちきれんばかりに頑張ります!!!


お楽しみに!!
sayonara  テディ
2008年06月28日 (土) 21:54 | fujico
今日、衣替えついでに部屋の掃除も始めたら
何もかもを変えたくなってしまい収拾がつかなくなったfujicoです。

2年前に虹の橋へ渡った犬、テディの仏壇と写真を
拭こうと思いたち、お骨の入った壷を一旦違う場所へ
移動させようと、抱えました。

こういうときいつも、
小さなお骨が 
カタカタ、
と入れ物に当たる音が聞こえるんです。

もちろん勝手な空想ですが テディが少しだけ語りかけてくれるような
、その音がするのがいつも楽しみでした。

今日も、そのつもりで 
テディ、ちょっとごめんねぇ
などと言いながら ひょい、っと赤いレイのかかった骨壷を
抱き上げました。

でも、音がしなかったんですね。

あれ?
とおもって、もう一度少しゆすってみたりして。(テディめーわく。)
でも、やっぱり何も聞こえない。
そして何かが中に入っているような気配もありませんでした。

その瞬間
あぁ
と思いました。

人間もそうだと聞きますが、焼いてしばらくすると、お骨は水のように蒸発してこの世から永久になくなってしまうようですね。

テディも、とうとう本当に私の傍からいなくなってしまいました。

今日まで2年弱。
ふさふさの毛の身体を無くして、白いお骨になって、
それでもそばに置いておきたくて 今日まで2年、お墓に いれませんでした。

今日あったことを報告したり、おやつをお供えしたり。

<飼い主さんの傍で、太陽の光が当たるところにおいてあげると、とても喜ぶんですよ>

といった葬儀屋さんの言葉のままに、朝日の射しこむ場所にそっと置いておきました。

永久に続けばいいのに

と願うことに限って、叶わないんですね。

だから その分 とても大切なんでしょうけど。日々や、一瞬が。

こころもち、骨壷は少し軽くなったような気がしました。

テディはいつまでどこにいたのか 本当はわからないけど 月並みですが
やはり、その人が憶えている限り そこにいるんだと想います。
想いたいです。

張り切って衣替えを始めたら、 こんなことになって泣くハメになると想いませんでした。。。
あぁ、人生ってやっぱり予想もつかない。
まだまだ修行が足りないです。滝に打たれてこないと!!!

※テディ・・・GUNSHY?の表紙の犬

fujicco
お知らせ〜
2008年06月26日 (木) 11:22 | SHIGE
こんにちは!!


楽しみにしていて下さる皆さんには申し訳ないのですが、

今週のストリートはお休みさせて下さい〜。

7月も多分行うのでお楽しみに!!

copyright © 2005 GUNSHY allrights reserved.
Powered By DTI blog template: HOTARU